2008年05月13日

千葉出張

昨日今日の2日間は約半年振りの千葉出張でした。
昨日は木更津を起点に市内、富津などを廻り今日
は銚子、香取などを廻りました。

さて出張の晩は極力その土地の地酒を味わう事に
していますが、過去の千葉出張では地酒を複数の
種類置いているお店に辿りつかなかったので今回
は「地酒」の看板のあるお店を見つけて入ることに
しました。



そこで今回立ち寄ったのが宿泊先のホテルにほど
近い木更津駅東口から徒歩5分の「大番」さんです。

「大番」さんはお店に入ると直ぐに大きなカウンター
があり、厨房も見える私好みのお店でした。

ここでのまず1杯は富津市の地酒和蔵酒造さん
の「鹿野山手作りなまざけ」(300ml)にしました。
香りは果実香が微かにし、口当たりは瑞々しく滑らか。
すっきりした印象。中盤にほのかな甘みを感じ、後味
は切れよく余韻の短い典型的な生酒でした。

2杯目は君津市の森酒造さん「飛鶴純米生貯蔵酒」。
(300ml)香りはかすかな蒸し米の香。口当たりは若干
弱く、中盤にエグミ。後味は純米酒にしてはコクが無く
すっきりとした印象。もう少し深みがあれば良いの
になあといった感じがしました。

お料理は海のものを中心とした素材を活かした「焼き物」や
「煮物」、「お寿司」などどれも美味しかったので口にした
地酒の印象が今ひとつで残念です。

次回は杯売りの他の地酒に挑戦したいと思います。


この記事へのトラックバックURL

http://ootaki.wakadanna.jp/t842
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません