2006年09月01日

本醸造・南部亀の尾

大滝ホテルの「おすすめの銘酒」に引き続きましてレギュラー酒を
ご紹介します。この時期の定番は「清酒」ではやはり冷たく冷やした
冷酒でしょう。当館は2種類の冷酒をご用意しています。そのひとつ
が岩手銘醸さんの「南部亀の尾 本醸造 生貯蔵」です。

亀の尾」は漫画「夏子の酒」で主人公の夏子が必死に復活させよう
とした「龍錦」という架空の品種のモデルとなった「幻の米」で
生産が難しいという事で長らく生産を見合わせられていた「酒米」です。
東北地方を中心にこの「幻の米」を復活させようという活動が広がり、
今ではいくつかの酒蔵で醸されています。
香りは控えめですがしっかりとした「蒸したお米」の甘い香りがし、口当たり
は滑らかながらもキレのある味わいです。
いわゆる「辛口の酒」をお好みの方にはぴったりのお酒といえるでしょう。


この記事へのトラックバックURL

http://ootaki.wakadanna.jp/t7