2006年09月24日

私の行き着け・宝さん

今日は仕事の絡みで東京に行ったので有楽町・国際フォーラムの地下にある「宝国際フォーラム店」で一杯やりに行きました。

今日の一杯目はシークワサービールです。爽やかな酸味とビールの苦味がすっきりとし食前酒に最適!続いて二杯目は「酒呑童子本醸造」 京都のきれいな山吹色粘りは少ない。香りはかすかに吟醸香。口あたりは酸味が立ち続いて米のしっかりした旨味後味はすっきりしています。こんにゃくの辛子煮と黒胡椒のトントロ焙り焼きを合わせました。旨味のある酒は辛味とよく合います。三杯目は「浦霞ひやおろし」薄い山吹色さらりとみずみずしい印象!香りは蒸し米の香と華やかな洋なしのような香り!アタックはどっしりした旨味と米の甘味!後味は若干の酸味と苦味が長く続き日本酒好きにはたまりません。甘いたれで仕上げた岩中豚とゴーヤのサラダとはベストマッチ。苦味と甘味が絶妙!四杯目は「嘉美心純米」。色は無色透明粘りはなし。香りは控え目な吟醸香!口あたりはいきなりどっしりとした甘味。岡山や広島は新潟の淡冷辛口と対局にある濃醇旨口が中心!しかしベトつかずスッキリと呑めるのは職人の技。私はママカリの酢漬けと合わせました。酢の酸味とママカリの苦味をこの典型的な純米旨口の酒はほどよく中和してくれます。五杯目「春鹿超辛口純米」 今日の清酒のシメは奈良の春鹿酒造さんの超辛口。無色透明粘りはなし。香りは控え目、アタックはさらりとした口あたりからすぐに旨みが立ってきます。超辛口という名前ほどにキツイお酒ではないので日本酒ビギナーにもお薦めできます。私は、みょうがときゅうりの和え物を合わせてみました。個性的なお酒にはくせのある
おつまみが合いますね。みょうがの辛味ときゅうりの瑞々しさが程よくこのお酒とバランスをとってます。最後と言いながら、焼酎を一杯だけ。「山せみ」宮崎県木城町。尾鈴山蒸留所の米焼酎。香りは純米酒を思わせる吟醸香。しかし味はアタックはカラメ。続く清酒のような米の甘味。後味も骨太などっしりした味わい。もっと私は米焼酎がブレイクしても良いと思います。芋焼酎より米焼酎を旨いと思う方はいらっしゃると思います。


この記事へのトラックバックURL

http://ootaki.wakadanna.jp/t22