2010年01月26日

地域経営交流シンポジウム

今日は内閣府経済社会総合研究所地域経営研究会主催の
「熱海・湯河原の広域的地域活性化を考える」と題したシンポ
ジウムが湯河原観光会館にて開催されました。



シンポジウムには熱海市斎藤市長、湯河原町冨田町長も
出席されました。熱海市長からは「県境を挟んだ制度上の
壁はあるが観光圏として一体となって活動していくきっかけ
になれば」とのお話があり、湯河原町長からも「歴史的な
背景はあるが前向きな取組みが今日から始まれば」との
お言葉がありました。

後半は湯河原と熱海の県境の熱海市泉地区にステンド
グラスの工房「クレアーレ熱海ゆがわら工房」を開かれ
ていらっしゃいます、ぐるなび会長滝久雄氏によります
「インターネット時代における地域活性化の一考察」と
題した講演でした。



インターネットが普及する以前の情報発信でのご苦労
とインターネットを使った様々な展開についてたくさん
のヒントを頂きました。

今後の熱海、湯河原を含めた観光圏の発展に期待し
自分でも何か役割を果たして行きたいと思います。


この記事へのトラックバックURL

http://ootaki.wakadanna.jp/t1405
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません