2009年02月20日

旅館生活衛生同業組合研修

今日は神奈川県旅館生活衛生同業組合主催の
「省エネ・資源リサイクル研修」に参加して来ました。



まずはじめに主催者の榎本理事長の挨拶、今回
お世話になりました「小田原衛生グループ」様の
鈴木社長からの挨拶と「廃食用油のリサイクル」
に取り組んでいる思いをお話頂きました。
http://www.oeg-net.com/index.html



引き続いて営業担当の梶山様からグループの
概要、BDF(バイオ・ディーゼル・燃料)について
精製方法、精製原理、BDFの長所や短所などの
お話を頂きました。





特に興味深かったのは大井町に2反の菜の花畑
を植え込み、菜の花から採った菜種油を使って
料理→廃職油→BDF→バイオ燃料の車両→
CO2→菜の花が吸収 といったサイクルを作り
出すという「菜の花エコプロジェクト」と菜の花畑
を観光に活かしたい という提案でした。



休憩を挟んで実際に精製している現場に移動し、
実際の流れをグループの美化サービスの青木様
から伺いました。



最後にBDFを使用している収集車のエンジンを
動かして頂き、排気ガスの臭いも体験しました。
天婦羅油に近い臭いがしましたが、重油を焚く
臭いに比べればクリーンな感じがしました。

なお、車両のボディーに画かれた絵は地元の
小田原城北工業高校の生徒さんによるもので
す。これは若い人たちにエコに関心を持って
もらおうとの思いから始まったとの事で15年も
続いているそうです。

小田原衛生グループの皆様大変お世話になり
ました。今後何らかの形でご一緒にお仕事が
出来たらと考えています。有難うございました。  

Posted by 酒呑旦那 at 19:25Comments(0)TrackBack(0)お仕事