2007年08月29日

松本出張前夜

今日は明日からの松本出張に備えて新宿に前泊ました。
宿泊したホテルのそばに気になる店があったので入って
みました。
そのお店とは「焼酎Barえんぜるさん」です。
テーブル3卓に11席のカウンターからなるお店でこの
日は1人がカウンターでドリンクを作り、1人が厨房で
料理を作るといった役割分担になっていました。



今日の一杯目は「芋焼酎不二才」香りは控え目ながら
口あたりはまろやか後味はシャープ。
二杯目は「栗焼酎ダバダ火振り」甘い香りに誘われ、
口に運ぶとシャープな苦味と甘味が口に広がり
後味は栗の香りを感じる充実の旨味があります。
三杯目は「米焼酎山蝉」蒸した米の香りが心落ち
着かせてくれます。柔らかな口あたり中盤熟成した
旨味が広がり後味はすっきりしています。
締めは「宝山白豊」をお湯割りで。蒸かした芋の
甘い香りが芋焼酎好きにはたまりません。
宝山」はロックだと決めて掛るお店も多いですが
私としては「白豊」「綾紫」「紅東」などはお湯割りが
お奨めです!これらの銘柄はそれぞれの芋が
持つ香りや甘味が充分に活かされ
ています。口あたりは滑らか、中盤は優しい甘味
が広がり、後味に充実した旨味が感じられ、飽き
のこない旨さがあります。
また足を運びたくなるお店です。ご馳走様でした。  

Posted by 酒呑旦那 at 23:30Comments(0)TrackBack(1)開拓