2006年10月31日

私のお薦め・国味さん

国味さんは私が週に1回はお世話になる湯河原のラーメン屋さんです。
場所はちょっと分かりにくいのですが、湯河原駅から国道135号線
に向かって直進し3つ目の信号を右折最初の角を右
曲がった所にあります。

スープはコクだし醤油ちょっとカラメですがクセになります。
麺は黄色い中太縮れ麺。スープが良く絡みます。
トッピング大きめに切られたチャーシ ューメンマ
これらはスープが良く凍みています。そして刻みネギ少々
ミツバです。
このミツバがカラメのスープのアクセントになっています。
しょっぱいのがダメな方は味薄めのリクエストも出来ます。
ハマル人はハマルと思います。  

Posted by 酒呑旦那 at 23:35Comments(0)TrackBack(3)お薦め

2006年10月31日

今日の晩酌・冬物語

今日は第4回の梅の宴行事実行委員会が早めに終わったので
夕食は我が家で晩酌です。
今日の一杯はサッポロビールさんの季節限定の「冬物語
缶の裏の原材料を見ると麦芽とホップのみなので期待出来そう。

香りは控え目ながら麦芽の華やかな香り。口あたりは強めの発泡が刺激的。
苦みとコクは控え目で後味はスッキリしています。せっかく原材料にこだわった
のだからもう少し豊な味わいが出せたら良かったのにと残念に思いました。
ただ、この日のおかずの「マグロのソテー」「サーモンのカルパッチョ」という
魚系の脂をすっきりと頂くには強い発泡とスッキリ感はあっていた
と思います。  

Posted by 酒呑旦那 at 01:01Comments(0)TrackBack(0)晩酌

2006年10月29日

私のお薦め・のりやさん

数年前テレビ番組のラーメン王選手権で注目された和歌山ラーメン
もすっかり定着しました。今日の昼食は八重洲地下街にあるラーメン
激戦区の中にあります「和歌山ラーメンのりや」さんです。
東京駅から近いので仕事で東京に行った際には私はよく行きます。
 
スープは和歌山ラーメンの独特の豚骨醤油。たまり醤油のような
熟成した香りが豚骨臭さを感じさせません。
口あたりは最初トロッとした感じですが中盤はダシの旨味
後味は意外にさっぱりしています
麺は極細ストレート。こしがしっかりしています。
トッピングは刻みネギ、メンマ、かまぼこ。チャーシューは濃いめのスープで
じっくり煮込んであり若干しょっぱいですが麺と一緒に食べれば問題ないです!
いつもとちょっと違ったラーメンを食べたい方にはお奨めです。  

Posted by 酒呑旦那 at 00:08Comments(0)TrackBack(1)お薦め

2006年10月28日

今日の寝酒・菊水

今日は夕食が遅かったので晩酌はせずに久々に寝酒です。
今日の一杯は新潟県菊水酒造さんの「ふなぐち菊水新米新酒」です。
菊水」というと皆さんはきっと黄色缶を思い浮かべられると
思いますがこの缶は緑色です。
これこそがこの時期限定の今年採れた新米で仕込んだ新酒です。

香りは蒸米の豊かな甘い香り。口あたりは滑らかながらしっかりした
米の旨味とほのかな酸味広がり後味はさわやかな甘みが膨らみます。
日本酒好きにはたまらない日本酒らしい飲み応えのある逸品です。  

Posted by 酒呑旦那 at 00:24Comments(0)TrackBack(0)寝酒

2006年10月26日

私のお薦め・天童さん

今日も仕事の都合で昼食が小田原になったので昨日に引き続き
らーめん宿場町へ。

今日は昨日の山小屋さんとは打って変わって
山形ラーメン天童」さんへ。
山小屋さんのスープが豚骨100%なら天童さんの
スープは典型的な醤油口あたりは最初甘みを感じ
中盤はほどよい旨味があり、後味はスッキリとしています。
麺は黄色い中太の縮れ、スープが良く絡みます。
トッピングは白髪ネギ、刻みネギ、メ ンマ、ナルト、味玉!
(半熟の黄身が旨い)チャーシューはダシがしっかり染み王道です!
ところで毎日ラーメン食べている私は実は麺喰旦那でも
あったのでした。  

Posted by 酒呑旦那 at 19:12Comments(0)TrackBack(0)お薦め

2006年10月25日

私のお薦め・山小屋さん

らーめん宿場町小田原にあるラーメンのフードコート
5店舗でスタートしましたが今は1店舗減って4店舗になっています。

私の今日の遅い昼食に選んだのはその中の一つ、オープンから出店している
九州筑豊ラーメン山小屋」さんです。
麺は細麺のストレートスープはとんこつベースですが
30年以上使っている熟成した元種のためかクサみがなくコク
あるのに後味はアッサリしています。チャーシューはこぶりですが
適度に脂もあり旨いです!また、すりごま、刻みネギ、キクラゲのトッピングが
絶妙なバランスを取っています。小田原にお越しの際は是非一度お立ち寄りください。  

Posted by 酒呑旦那 at 23:38Comments(0)TrackBack(0)お薦め

2006年10月24日

隠れたお薦め・王ちゃんさん

王ちゃん」さんは湯河原の旅館組合事務所のある観光会館から
落合橋を渡って徒歩5分くらいの所にあるラーメン屋さんです
普段は会議の時に出前で頂く事が多いのですが、今日は直接お店
に行きました。

ご夫婦で営まわれているこのお店は座敷に4人カウンターに5人なので
お昼時をちょっとだけ外した方が無難だと思います。
人気のメニューはカツ丼とチャーシュー麺ですが自分個人としては
炒め野菜がタップリ野菜そばがお奨め!麺は細縮れ麺
スープはアッサリ醤油味。湯河原の庶民派のグルメです。  

Posted by 酒呑旦那 at 15:00Comments(0)TrackBack(0)お薦め

2006年10月23日

私のお薦め・うみかぜさん

今日は日比谷線八丁堀駅八丁堀交差点口を出て
デニーズとローソンの間の路地を歩いて五分のところにある
沖縄料理「うみかぜ」さんに行って来ました。
隠れ家的な入口をくぐると中は意外に広く驚きます。以前は違う形態の居酒屋
を営業していたようですが沖縄料理に切替たそうです。

日本酒や本格焼酎充実していますが、泡盛は40種類は揃えているでしょうか。
今日の肴はもずくの天ぷら紅芋サラダミミガとゴーヤの酢の物島豆腐
チャンプル
アオサのヒラヤーチにしました。
一杯目は「しらゆり」。名前の通り百合の香りが若干し口あたりはスパイシー、
中盤に甘みを後味はスッキリしています。
二杯目は「まさひろブラック」。柔かな米の香りがし口あたりはなめらか。
ほろにがい甘さはまさに万人受けする味わい。しかし後味はしっかりとしているので
炒めものやタレをつける料理にも負けません。
最後の一杯は「春雨カリー」甘い米の香が豊かで口あたりはまろやかで
膨らみのある旨味。泡盛よりも芳淳な米焼酎といった味わいは泡盛が苦手なかた
にもお奨め出来ます。
銀座でお洒落な店も良いですが、たまにはちょっと足を伸ばして八丁堀なんて
いかがですか?  

Posted by 酒呑旦那 at 17:14Comments(0)TrackBack(0)お薦め

2006年10月17日

今日の寝酒・白麒麟

今日は来春の地元のイベント「湯河原梅林 梅の宴」の実行委員会
が夜からあったため晩酌は出来ず、またまた寝酒となりました。
今日の寝酒は麒麟麦酒さんの発泡酒白麒麟」です。

白麒麒」は毎年この時期に発売される冬季限定の発泡酒です。
香りはスパイシーなジンジャーエールのような香り。
口あたりは発泡が強く刺激的。中盤は若干の酸味。余韻は極めて短く
コクは感じられません。このお酒はジーマのように喉の渇きを癒す
のに適しているといえるでしょう  

Posted by 酒呑旦那 at 00:28Comments(0)TrackBack(0)寝酒

2006年10月15日

今日の寝酒・鶴亀

今日は夕方遅い昼食をとった後、見積作成などデスクワークだったので
晩酌という感じでなかったので寝酒です。
今日の寝酒は新潟県上原酒造さんの「鶴亀 特別純米」カップ。

おめでたい恵比寿様のラベルのこの清酒は香りはかすかな杉樽の木の香
がし、続いて蒸米もします。901号酵母という香りを立てる酵母を使用しながらも穏やか。
色は薄い山吹色。口当たりは最初はなめらか、中盤は酸味と米の甘みが広がります。
後味はしっかりとした旨みが感じられます。これは純米酒の醸造に適した酒造好適米
五百万石を使用していることもその要因でしょう。この清酒はどちらかというと日本酒の
ビギナーよりも日本酒好きな人が日本酒らしい日本酒を飲みたいときにお薦めの1本
という感じでしょうか。  

Posted by 酒呑旦那 at 00:05Comments(0)TrackBack(0)寝酒

2006年10月13日

今日の晩酌・PB

今日は熱海で「香港からの視察団」とのミーティングがあり、帰宅してからの
食事となったので久々に我が家で晩酌と相成りました。
今日の晩酌は前から気になっていたPB(プレミアム・ビール)
サントリーさんの「ジャポネゴールド

昨年は各社第三のビールの開発に力を入れていましたが、今年は
皆PBに新商品を投入しています。
この「ジャポネゴールド」の特徴は原材料を全て国産にしている
事とビールの本来の原料である麦芽とホップだけで醸造している
ところにあります。
日本のビールはその原料に麦芽とホップ以外に米くず、コーンスターチ、
糖類などを添加しているものがほとんどです。
これらは海外ではあまりこういったものは加えませんが、日本では一定量の
添加物が認められいるのです。
さて、飲んでみましょう。香りは控えめながら麦本来の甘い香ばしい香り。
口当たりはさらりとしていて発泡も抑え目。バドワイザーなどライトな
ビールがお好みの方にはぴったりと来ると思います。
しかしながら後味はしっかりと日本のビールらしい苦味があるので飲み応えも
あります。私はとんかつとポテトサラダという典型的な洋食をあわせて
みました。とんかつの脂をすっきりと流し、ポテトサラダの酸味とも旨くマッチします。
値段もお手頃なのでおすすめです。  

Posted by 酒呑旦那 at 23:49Comments(0)TrackBack(0)晩酌

2006年10月11日

今日は列車呑み

今日は横浜で地元の旅館協同組合から出向している県の外郭団体の会合でした。
夜横浜からの帰宅は交通手段が在来線しかないので列車内での呑みになります。
今宵は「リザーブ&ウォーターとカカオプリッツ」。

ちょっと前までリザーブ10年だったのに知らない間に12年になっていました。
でも味も香りもグレードアップしていて熟成した甘い香りと南アルプスのサラリとした
天然水で割ったまろやかな味わいはちょっとビターなカカオプリッツと良く合います。
この組み合わせクセになりそうです。  

Posted by 酒呑旦那 at 23:59Comments(0)TrackBack(0)お薦め

2006年10月08日

私の行き着け・ひごもんずさん

突然ですが皆さんは「品達」って知ってますか?品達とは京急線品川駅ガード下にある
ラーメンのテーマパークです。ここにある7店舗の内の一店舗が私の行き着けの
熊本ラーメン ひごもんず」さんです。私は昼食にはあまり利用せず専ら私は軽く
一杯やりたいときにお邪魔しています。

今日は紹興酒にて高菜ソーセージ、高菜炒め、もろみ豆腐、菜餃子を頂きました。
高菜ソーセージはハーブの代わりに高菜を生地に練り込んだ珍味。
菜餃子は野菜の甘みがしっかりでた隠れた逸品です。そして最後の締めは
細麺ルータン乗せ」。ここの一押しは角煮ラーメンなのですが
飲んだくれた私にはきついので細麺にしています!ルータン
(味付け玉子)をつまみに残った紹興酒を飲む。至福のひとときです!
隣のN亭はいつも行列ですが私はひごもんずさんがお奨めです。  

Posted by 酒呑旦那 at 23:39Comments(0)TrackBack(3)行きつけ

2006年10月06日

私の行き着け・だるまさん

私は出張でよく東京に行きます。その際に東京駅から近くて便利なのが
東京駅八重洲北口地下にある「だるま」さんです。
このお店の特徴はなんと言っても私の大好きな日本酒焼酎の品揃え
が充実している事です。その数は実に日本酒57銘柄、焼酎42銘柄と
一日では飲みきれない数。自分も訪問ごとにテーマを決めて何を飲む決めて
います。

この日は「火の国 熊本フェア」を実施していたので熊本の「球磨焼酎」を
を飲むことにしました。
球磨焼酎」とは熊本県南部の球磨郡を中心に造られる伝統的な米焼酎で主原料は
清酒と同じ、米と米麹です。この焼酎の特徴は強めの香りでこれは
熊本の郷土料理である馬肉とよく合います。
さて、今日の一杯目は「吟香鳥飼」。大吟醸のような華やかな上立ち香。続いて洋梨の
ような甘い香が口の中に広がります。中盤はしっかりとした米の旨味が感じられるものの後味は
スッキリ辛口です。旬の馬刺しを合わせてみました。馬の脂ニンニクショウガ醤油
と絶妙なハーモニーを作り出します。
二杯目は「大石」。この焼酎は木樽で熟成させた珍しい逸品。色は黄金色。
香りは熟成した甘い香りが特徴的でブランデーのような深い味わい。口当たりはまろやかで
脂の乗った旬のサンマ刺しと合わせるサンマの苦味に負けない個性的な味がぴったり
合います。
三杯目は「完囲い」。控え目な香り。なめらかな口当たり。中盤に米の甘味を感じる
ものの後味スッキリ辛口。珍しい馬肉のメンチと舞茸の天ぷらといった揚げ物を合わ
せてみました。スッキリ辛口で締め口の中をサッパリさせてくれます。
四杯目は「豊永蔵」。自然米にこだわったというこの焼酎は、控え目ながら
も蒸した米の香り。口当たりは最初スッキリ中盤にシャープな辛味を感じます。このような綺麗な
お酒はさっぱりとしたおつまみが合うと思い、珍しい茄子とトマトの柳川と茄子の浅漬け
を合わせてみました。すると野菜の瑞々しさが引き立ち、最後の一杯に最適でした。
東京駅から程近い「だるま」さん。お酒もお料理もお薦めです!  

Posted by 酒呑旦那 at 23:46Comments(0)TrackBack(0)行きつけ

2006年10月06日

私の行き着け・前ちゃんさん

当社の東京事務所は品川駅が最寄り駅なのですが、たまに東京出張の
後に立ち寄るのが、「味の居酒屋 前ちゃん」さんです。

ビルの地下にあるどこか懐かしい感じのする「大衆酒場」といった雰囲気の
このお店は周辺のサラリーマンでいつも賑わっています。
私の今日の一杯目は富士高砂酒造さんの「純米高砂」。
香りは控えめながらも口当たりは最初さらりと次に米の甘味、苦味を感じ後味は
フルーティ。ネギ焼き梅肉添えを合わせましたが、ネギの苦味と梅肉の酸味が
とてもよく合います。
二杯目は「越の景虎」。香りはあくまでフルーティ。口当たりはなめらか
後から酸味が広がり、今日のおすすめ本まぐろの脂をすっきり頂けます。また鳥皮
の塩焼きも鳥脂をすっきりとこのお酒が流してくれます。
三杯目は「きりん山」。香りはお花な香り。スッキリ淡冷辛口のこの酒には
アスパラ焼きやポテトサラダといった淡白なつまみが良く合います。しかしながらこの
お酒は後味はしっかりとした旨みがあって侮れないのです。
前ちゃん」さんは今日のお薦めがボードに手書きで書き込まれここから
メニューを選ぶのも楽しいです。  

Posted by 酒呑旦那 at 00:16Comments(0)TrackBack(0)行きつけ

2006年10月03日

今日の寝酒・発泡酒

今日は夜から地元のイベントの第二回目の打ち合わせがあり、晩酌が出来ず
またまた寝酒です。発泡酒は普段あまり飲む機会がないのですが、以前から
気になっていたアサヒビールさんの「本生 クリアブラック」。

今年の9月から11月までの限定出荷というこの発泡酒は昨年、キャンペーン賞品
として出荷されたものだそうで、香りは香ばしい麦の甘い香りがし、口当たりは最初
さらりとした軽い苦味します。中盤は深みのある甘みと旨みが口に広がり、後味は
意外なほどすっきりとしています。発泡も抑え目でのど越しも爽やかです。発泡酒
は各メーカーさんの新製品発売のサイクルがかなり早く市場から消えてしまう物も
少なくないですが、この「本生 クリアブラック」は限定醸造でも良いので
継続して欲しい一本です。  

Posted by 酒呑旦那 at 00:32Comments(0)TrackBack(0)寝酒

2006年10月02日

今日の寝酒・カップ酒

今日は一日外回りだったため夕食も外食。あいにく車だったので晩酌もできず
帰宅後の寝酒となりました。今日の寝酒は土佐鶴酒造さんのカップ酒
酔って候 土佐鶴純米酒」です。

香りは最初、木の芽の香や青葉の香といったみずみずしい爽やかさが感じられます。
口当たりは滑らかながらフルーティーな柑橘系の酸味と若干の苦味がバランス
良く、後味も切れよく辛口にしあがっています。私は今回は少し冷蔵庫で冷やして
飲みましたが、常温やぬる燗にしたら旨みがもっと増えて酸味が抑えられるかも
しれません。日本酒好きにはカップでこれだけの味を楽しめるのは有難い限りです。  

Posted by 酒呑旦那 at 01:48Comments(0)TrackBack(0)寝酒